うみのなみだ

日常+小説ブログです。

[小説] 君には嘘がないから、僕には追いつけない #2

2.幻のミス明星

 彼女の名前はアソウ ユリラ。百合のように香り、薔薇のように咲き誇れ、と書いて百合薇。身長156センチ、血液型AB、四月四日生まれの牡羊座、二年A組出席番号1番、茶道部、華道部、弓道部、柔道部、馬術部に所属し週一回ずつ参加。茶道部では部長を務め、弓道部では昨年県大会に出場。

 ホームルームを終え、始業式が始まる頃には、彼女が披露した僕の個人情報とは比べものにならない密度の情報が次々と級友たちから集まっていた。僕はその密度に圧倒されながら、僕の目の前できびすを返し、遠ざかっていった後ろ姿を思い出していた。

 財界に広く血脈を持つ、朝生グループの一人娘にして、定期試験では必ず学年上位にはいり、昨年の明星祭ミスコンにて、堂々の一位を獲得する。しかし壇上にて辞退を申し出て、幻のミス明星と呼ばれる。

 その彼女が、僕の許嫁?

 明らかに何かの間違いだ。凡庸で、スポーツも成績も赤点すれすれ、この明星高校に受かったことですら中学の級友たちには奇跡と騒がれたほどだ。もちろん僕の人生に「女の子」の陰はこれっぽっちもない。せいぜい「いい人」「優しい人」をねらうくらいが関の山で、間違っても憧れを集めるような存在ではない。

 がんばっても、奇跡を起こしても、彼女の足下にも及ばない、それが僕の実力。

「続きまして、在校生を代表して、生徒会会長から新入生歓迎の挨拶です」

 退屈な校長の訓辞がおわり、壇上には一人の女子生徒が現れた。

「新入生の皆さん、生徒会会長を務める、二年A組、柏木葵です」

 にこり、とほほえんだ生徒会長に「アオイさまー!」と女生徒の声援が飛んだ。ファンがいるのか? 式典中だって言うのに。と声の出所をそれとなく見やると、同じ2年生だけではなく、1年生からも、いや3年生からも、次々と声が上がる。生徒会長はにこやかに右手を挙げ、小さく頷いて声援に応えて見せた。その優雅な動きにあわせるように、高まった興奮は一挙に平静を取り戻した。

「みなさん、ありがとう。新入生の皆さん、ごらんのように明星高校では学生の自主性を尊重した校風を培ってきました。皆さんが今、新しい学生生活に向けて希望に満ちていることが、そのまなざしに宿って見えます。生徒会をはじめ、私たち上級生はみなさんの手本となり、その期待に応えることをこの場でお約束します。どうぞ、いま期待にふくらんだ気持ちを忘れず、3年間が実りの多い日々になるよう行動してください」

 ふ、と息をついて葵会長はぐるりと生徒を見渡した。堂々とした振る舞いに、隙はない。

 さすが自由闊達の校風で名をはせる明星高校の会長だな、とその演説に聴き入っていると、先ほど浴びせられたアソウユリラ情報の一つが浮かび上がってきた。

 ミス明星の辞退により、学園祭委員会は急遽、次点繰り上がりを発表し、第57代ミス明星は生徒会長に授与された。これにより生徒会長がミス明星を兼ねる、23年ぶりの快挙が達成された、と。

 つまり、いま壇上で感動的祝辞を述べているその人こそ、アソウユリラに破れたミス明星、その人であるということ。

 いったい、どれだけの人物なんだ?

 きびすを返す後ろ姿がフラッシュバックする。「婚約など、無効だな!」と笑った顔。

 僕はいったい誰と「婚約」したことになっていた? そして、どうして彼女はそれを信じていたのか。

 謎は、一つも解けない。僕には何の情報もない。

 けれど、このまま全てが無かったことになる、それでいいのだろうか。正直に彼女に僕の無知を知らせて、疑いを晴らして、そして彼女と接点のない、凡庸な日々に戻るとして。

 それでいいのか?

 新しい日々を、僕は、どう「実りある日々に」すべきなのか。

 壇上では生徒会長が、完璧なほほえみで祝辞を終え、一礼をして下がる。瞬間わき起った拍手の渦につられて自分の手を鳴らす。

 そして僕は、一筋の希望を見いだした。

[小説] 君には嘘がないから、僕には追いつくことができない

1.新生活の幕開け

 体を壊すほど勉強して合格を勝ち取った、春。僕は明聖高校の制服に身を包み、心から晴れやかな新学期を迎えていた。もとい、迎えるはずだった、と訂正しよう。先ほどまでの淡い期待感、さわやかな緊張感、ただ顔を知っているだけという希薄な同じ中学出身者との、心強い挨拶、新しい教室でのざわめき。そうした想像と違わない新生活の入り口は、たった一人の存在によって破壊された。完膚無きまでに。

「君か、私の許嫁は」

 はっきりと通る澄んだ声で、彼女は言った。教室の入り口からまっすぐに僕の席まで進んできた彼女に、見覚えはない。長い黒髪に、一筋の銀髪。右耳の横で切りそろえられた銀色の髪は小柄な頭が揺れるたび、さらり、と軌跡を残す。そして、その鮮烈な印象に負けないほどの、美貌。ぱっちりと見開かれた瞳に見つめられれば、知らずと心拍数があがる。きつい視線の下には、ぷっくりと桃色の唇。大人びた口調とアンバランスな、ベイビーフェイス。

「一年C組、出席番号16番、高山宗佑。川中中学出身、身長173センチ、体重62キロ、11月13日生まれ、蠍座のA型、バスケ部で三年間補欠、特技は美術。違いないな?」

 胸元から生徒手帳を取り出し、すらすらと個人情報を読み上げた彼女はごく事務的に、僕を問いただした。

 「あ、はい」

 見覚えのない美少女に問いただされる由縁はないのだが、間違いはないので、同意する。

「そうか。ではやはり君が私の許嫁なのだな」

 幼顔を深刻にしかめて、彼女はふぅー、と深いため息をついた。

「え、いえ。違います」

「なんだ、君は知らないのか」

 慌てて否定した僕に、露骨に嬉しそうに彼女は声を弾ませた。

「ということは、婚約など、無効だな!」

「こ、婚約…?」

 全く事情の飲み込めない僕を置いて、彼女は嬉々として身を翻した。

「失礼した。君が承知していないと言うことを知らなかったばかりに、事を急いた。この件は忘れてくれ」

 現れたときと同じように、足早に、彼女は教室の入り口を後にした。

「なんなんだ」とつぶやく僕をよそに、一連のやりとりをそば耳立てて聞いていた生徒たちのざわめきが教室を埋め尽くした。

「今の、二年の朝生先輩だろ? 去年ミス明聖を辞退したって言う。おまえ、知り合いなの」

 隣に座った男子生徒が、言った。しかし僕にはまったくその存在を知らない。一度みたら忘れるはずのない強烈な印象、その最初のイメージは、僕を詰問した鋭い目線だ。

「い、いや。知らない」

 釈明しかけた僕の声を打ち切るように、チャイムとともに担任となる教師が教室に現れた。

 周囲の好奇心の視線を一心に浴びながら、僕の高校生活が、始まろうとしていた。

 

[http://d.hatena.ne.jp/yk_uminami/20100709/p1:title=山手線シリーズ] あとがき

 思いつきで始めたけれど、完成できてよかったです。思った以上に時間がかかりましたけれど。。。改めて並べてみると、みごとに恋愛ものばかりになったなあ、というのが驚きでした。たぶんツイッター小説はなかなか二人以上の登場人物をだすのが難しいので、つい安直に恋愛仕立てにしたくなるんでしょうな。友情物をもうちょっと入れてもよかったかなー。なるべくいろんな色の作品をと思いつつ、似通った雰囲気になるものですねー。ちょっぴり反省。
 行ったことのない駅と、有名すぎる駅はおんなじくらい書きづらかったです。ので、最初のころは中堅どころばっかり書いてました。(書く順番は全く決めていなかった)新宿で書き始めて、偶然、隣の新大久保で書き終わったり。駅順に並び変えてみると意外な取り合わせになったり。いろいろと面白かったです。
 お題がある方が書きやすかったりもするので、また何か連作ができたらいいな〜と思います。

ツイッター小説 山手線連作 総集編

山手線

  • 品川 大崎 五反田 目黒 恵比寿 渋谷 原宿 代々木 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 大塚 巣鴨 駒込 田端 西日暮里 日暮里 鶯谷 上野 御徒町 秋葉原 神田 東京 有楽町 新橋 浜松町 田町
  • #twnovel さよならを言いに行ったのにな。と反省しながら品川駅の改札を出た。通勤に似合わないボストンバックを、コインロッカーに入れるか迷う。いいや、何か言われても。週末の予定をでっちあげることなんかもう慣れっこだ。あくびをかみ殺す。また一週間、伸びきるまで引き延ばす日々か。 posted on Sep 24th, 2009
  • #twnovel 「お疲れ様です」エントランスを出る一人一人に声をかける。大崎駅に向けて、人々の足は早く、帰ってくる声は少ない。ときどき背後のビルを仰ぎ見て、消えていく窓の形を確認する。今日は残業が多いな。そこはかつて自分がいた世界。かつて声もなく駅を目指した姿を、少し懐かしむ。 posted on Nov 8th, 2009
  • #twnovel 地獄に堕ちる、と思った。このままだと確実に。なのに視界に入るだけで心が支配される。「お疲れさまぁ」甘ったるい声、匂い、笑顔。全身が軽い緊張に晒されながら、心地よさを感じる。これが恋だろう? そして愛になるんだろう? そう、会計を済ます瞬間までが、五反田の天国。 posted on Oct 2nd, 2009
  • #twnovel つけられている。目黒駅から徒歩十五分の自宅まで、あと数十メートル。一番最後の角を曲がって、確信した。暗い路地に人気はない。けれど、足音は近づいてくる。逃げたい。でも家に駆け込んでしまうのも不安だ。逡巡するうちに、足音が近づく。びくりと振り返ると、酔った父がいた。 posted on Oct 22nd, 2009
  • #twnovel で恋なんて語れるわけないでしょ。彼女は笑う。恵比寿で評判のレストランは静かに、僕らの特別な夜を演出してくれる。たった140文字の恋物語についてどう思う? 僕の問いかけを微笑んで否定した君は、たった一言で僕を恋に突き落としたのに。そのことを君は、今も知らずにいる。 posted on Oct 28th, 2009
  • #twnovel あの人の一番になりたい、と願いながら雑踏を眺める。渋谷午後六時。信号が青に変わる度に、夥しい数の人間が目の前を通りすぎていく。その中で、たった一人だけを待ち続けている不思議。嘘で良いと、知ってる。他の誰かで良いと、知っている。なのに動き出せずにまだ、願っている。 posted on Oct 19th, 2009
  • #twnovel 8年ぶりに、着信履歴に、君の名前。突然どうしたんだろう。驚きと、不安。午前二時の原宿駅。どこにも行くあてはないのに、歩き続けている。夜明けまでまだもう少し。先を行く友達から離れて、メールアドレスを確認した。届くだろうか?僕はまだこの街にいて、君はもういない。 posted on Jun 7th, 2010
  • #twnovel ホームの向かい側から彼女の家に向かう電車が発車する。代々木駅の朝は殺伐と、整然と人の群れが続く。群れの一員となって行儀良くホームを歩く。目的に向かって真っ直ぐに。アナウンスが黄色い電車の到着を告げる。僕は階段を上るだけ。たとえ飛び乗ったってどこにも辿りつけない。 posted on Sep 27th, 2009
  • #twnovel 寂しいの。呟いただけなのに世界が終わったような顔してる。いま手を握ってくれたら最高なのに、絶対にそんなことしてくれない。だから好き、だから嫌い。ネオンが明るくて馬鹿みたいに立ちつくしてる新宿東口の夜。「終電だから、じゃあ。おやすみ」また夜が越せないみたい。ばか。 posted on Sep 24th, 2009
  • #twnovel 最後のデートは新大久保にしよう、と彼女は言った。美味しい韓国料理をお腹いっぱい食べて、笑顔で終わりにしようと。その馬鹿馬鹿しさを、僕は肯定した。全弾打ち尽くした僕らには、それ位の美しさが必要かもしれない。「キムチ残すなよ」「やーよ」手を繋がずに二人ホームを歩く。 posted on Jul 6th, 2010
  • #twnovel 知らないことは判断できない。午前3時、高田馬場駅を目指してとぼとぼと歩いている。始発まで研究室に寄って、時間をつぶそうか。考えながらも、足は動き続ける。夜の深い町は静かで、昼間とはまるで違う。瞬間的に浮き彫りになった僕らの距離。頷いてるだけじゃ、埋まらない距離。 posted on Sep 28th, 2009
  • #twnovel お姫様になりたかったの。でも、なれないことを知ってしまった。せめてもと、目白の大学を目指したわ。安易?それでもいいの。夢を諦めるより、馬鹿にされる方が良いもの。もちろん、本物のお嬢様たちは、全然お姫様じゃなかった。それでも自分が目指す理想を変えたり、しないのよ。 posted on Nov 22nd, 2009
  • #twnovel 待ち合わせ時間を十五分過ぎて、溜息をひとつ。電波の届かないところへは、私の気持ちも届きはしない。池袋東口18時。やみそうな雨が、いつまでも降り止まない。「居酒屋いかがですかー」「いいです」視線だけで、焼き殺せたらいいのに。こんな気持ち抱えて、どうしたいんだろう。 posted on May 30th, 2010
  • #twnovel 自分の名前の駅があるのは知っていた。大塚。金曜日の夜、ふいに一駅乗り過ごしてそのホームに立ってみたくなった。終電は大丈夫。ドアが閉まるのを見送って、携帯を取りだす。もうすぐ変わっちゃうから、記念に行ってみるよ。メールで何から伝えたらいいかの解らなくて、少し悩む。 posted on Sep 26th, 2009
  • #twnovel 静恵の希望で巣鴨に出かけた。「じじいとばばあしかいないな」「だからいいんでしょ」そういって静恵は私の手を取る。何年ぶりだろう。乾燥した硬い皮膚の感触。むずむずして、離してしまいたくなる。「今日くらい良いでしょ」先読みされている。いつも、ずっとそうだったけれど。 posted on Oct 1st, 2009
  • #twnovel 君を幸せにすることが僕の幸せ。そう思ってきた。新居を駒込にしたのだって、君の利便を優先したんじゃないか。なのに。早足のまま、彼女の言葉を思い返す。「あなたといるとダメになってく」ずしんと重い。でも、そうなのかもしれない。君と歩いた町並みを、僕は一人で進み続ける。 posted on Oct 31st, 2009
  • #twnovel 田端に配属が決まって、がっかりしなかったといえばウソになる。まだ上京して半年、憬れだけで毎日を回していた。それからもう三年。仕事を終えて、ホームに立つ間の僅かな休息。目の前を、故郷からの新幹線が横切っていく。その瞬間に沸き上がるもの。それが今、毎日を回している。 posted on Mar 17th, 2010
  • #twnovel 結局、僕らは共同経営者以上には、なれなかった。「じゃあ、ここで良いから」スーツケースを取って、彼女は言った。「空港まで行くよ」首を振って、溜息。西日暮里から成田までも、一緒にいられないという風に。その正さも、好きだったのにな。新しいパスポートで、彼女は飛び立つ。 posted on Feb 27th, 2010
  • #twnovel 僕が君の何かになれるかなんて、わからないよ。溜息をついて日暮里駅で常磐線に乗り換える。長い長い帰宅の一本線。疲れた空気が満ちた薄暗い車内。並んで吊革につかまったまま、君を振り返る。笑顔、仕草、言葉。窓に映る疲れた顔。車両が揺れて、予定のない週末が長く長く始まる。 posted on Oct 11th, 2009
  • #twnovel 「都会っ子だ」「まあ。でもそんなことないよ」合コンのテンションが解らない。ここは遠慮せずに強気に行くべき? ついグラスに手を伸ばす。「最寄り駅は?」「日比谷線の入谷だけど」わかんないよね「少し歩くと山手線の鶯谷」でもだめか?「えーすごい」何が? とりあえず笑顔。 posted on Oct 5th, 2009
  • #twnovel 遠くに行きたい。そういった君を僕は連れ出した。上野駅午後八時十二分「とりあえず、青森あたりで良い?」券売機の前で振り返ると、君はふるえながら涙を流す。「そういうことじゃないの」「じゃあ北海道? 大丈夫だよ、三連休だし」「違うの」僕は君が好き、ただそれだけなのに。 posted on Sep 29th, 2009
  • #twnovel 携帯電話が、震えた。”御徒町の駅まで来たよ”たった一言のメールをじっと見つめる。溜息。”すぐ行くから、改札前で待ってて”最後の資料を片付ける。「お先に失礼します」まばらな返事を受けて、僕は歩き出す。”やっぱりだめだよ”たった一言が送れずに、また君に会ってしまう。 posted on Nov 11th, 2009
  • #twnovel 秋葉原駅のホームに降りるだけで鼓動が高鳴った。とうとう来たんだ。画面で見たとおりの街並み。隠れるように手にしていた物たちが堂々と並ぶ店舗。音として飛び交う馴染みある言葉。恥ずかしさと感動が混じり合った緊張が駆け抜ける。ああこれで、一人きりでも、もう孤独ではない。 posted on Sep 27th, 2009
  • #twnovel これって愛の力かな。先を行く彼女の足取りは軽く、僕の両手はずっしりと重い。「あ、これずっと探してたの!」彼女は一冊の古本を指す。「良かったね」努めて明るく、微笑む。「やったぁ」レジへ向かう彼女の後ろで、僕は紙袋を降ろし、手を休めた。神田古書店街は、まだまだ続く。 posted on Feb 26th, 2010
  • 「なら、また」こっそりと、変わらないでいて欲しいと願ってしまう。笑顔で手を振る、彼女と僕の距離。時間どおりにドアが閉まり、ホームから僕は遠ざかっていく。時速200キロで。なあ、なんで東京なん、言いそうになって、止めた。好きなのに。変わらずにいられる自信もなくて。 #twnovel posted on Jun 4th, 2010
  • #twnovel 最終電車も行ってしまった。改札へ向かうまばらな人の流れに、取り残されたように立っている。携帯に触れて、ディスプレイに時計が浮かぶのを見つめる。溜息。「なんだよ」長い吐息。誰もいないホームを見渡す。もし、有楽町からタクシーで会いに行ったら、君は、何を言うのだろう。 posted on Dec 26th, 2009
  • #twnovel 気がついたら新橋まで来ていた。また同じパターンだ。「どうしようか?」空腹だし、もう十分に歩いてる。そろそろ入店しないと、まずい。のに、ますます入れそうな店がない。ダメだ。「ね、ここにしようか」彼女が居酒屋を指して笑った。不意に手綱をとられて、だけど僕は微笑んだ。 posted on Oct 16th, 2009
  • #twnovel モノレールが滑るように視界を横切る。せっかく浜松町まで出かけてきたのに、感動は薄い。いや、まだ見上げる角度に慣れていないだけかもしれない。ファインダーをのぞく。ほら、意外とぐっとくる。シャッターを切る。結論なんて後付けでいいのに、昨日の余裕のなさはなんだった? posted on Oct 12th, 2009
  • #twnovel 「縞ウサギさんですか」「あはい。里奈さん?」おどおどと私たちは出会った。写真とはまた違う、存在のギャップが甚だしい。本名を教えておいてよかったと思う。「田町って凄い都会なんだね」「いや、そんなことないです」いつもの調子が出ずに、焦る。まじで泊めてもらっていいの? posted on Sep 28th, 2009

ツイッター小説 山手線連作 前半

  • #twnovel 寂しいの。呟いただけなのに世界が終わったような顔してる。いま手を握ってくれたら最高なのに、絶対にそんなことしてくれない。だから好き、だから嫌い。ネオンが明るくて馬鹿みたいに立ちつくしてる新宿東口の夜。「終電だから、じゃあ。おやすみ」また夜が越せないみたい。ばか。
  • #twnovel さよならを言いに行ったのにな。と反省しながら品川駅の改札を出た。通勤に似合わないボストンバックを、コインロッカーに入れるか迷う。いいや、何か言われても。週末の予定をでっちあげることなんかもう慣れっこだ。あくびをかみ殺す。また一週間、伸びきるまで引き延ばす日々か。
  • #twnovel 自分の名前の駅があるのは知っていた。大塚。金曜日の夜、ふいに一駅乗り過ごしてそのホームに立ってみたくなった。終電は大丈夫。ドアが閉まるのを見送って、携帯を取りだす。もうすぐ変わっちゃうから、記念に行ってみるよ。メールで何から伝えたらいいかの解らなくて、少し悩む。
  • #twnovel 秋葉原駅のホームに降りるだけで鼓動が高鳴った。とうとう来たんだ。画面で見たとおりの街並み。隠れるように手にしていた物たちが堂々と並ぶ店舗。音として飛び交う馴染みある言葉。恥ずかしさと感動が混じり合った緊張が駆け抜ける。ああこれで、一人きりでも、もう孤独ではない。
  • #twnovel ホームの向かい側から彼女の家に向かう電車が発車する。代々木駅の朝は殺伐と、整然と人の群れが続く。群れの一員となって行儀良くホームを歩く。目的に向かって真っ直ぐに。アナウンスが黄色い電車の到着を告げる。僕は階段を上るだけ。たとえ飛び乗ったってどこにも辿りつけない。
  • #twnovel 「縞ウサギさんですか」「あはい。里奈さん?」おどおどと私たちは出会った。写真とはまた違う、存在のギャップが甚だしい。本名を教えておいてよかったと思う。「田町って凄い都会なんだね」「いや、そんなことないです」いつもの調子が出ずに、焦る。まじで泊めてもらっていいの?
  • #twnovel 知らないことは判断できない。午前3時、高田馬場駅を目指してとぼとぼと歩いている。始発まで研究室に寄って、時間をつぶそうか。考えながらも、足は動き続ける。夜の深い町は静かで、昼間とはまるで違う。瞬間的に浮き彫りになった僕らの距離。頷いてるだけじゃ、埋まらない距離。
  • #twnovel 遠くに行きたい。そういった君を僕は連れ出した。上野駅午後八時十二分「とりあえず、青森あたりで良い?」券売機の前で振り返ると、君はふるえながら涙を流す。「そういうことじゃないの」「じゃあ北海道? 大丈夫だよ、三連休だし」「違うの」僕は君が好き、ただそれだけなのに。
  • #twnovel 静恵の希望で巣鴨に出かけた。「じじいとばばあしかいないな」「だからいいんでしょ」そういって静恵は私の手を取る。何年ぶりだろう。乾燥した硬い皮膚の感触。むずむずして、離してしまいたくなる。「今日くらい良いでしょ」先読みされている。いつも、ずっとそうだったけれど。
  • #twnovel 地獄に堕ちる、と思った。このままだと確実に。なのに視界に入るだけで心が支配される。「お疲れさまぁ」甘ったるい声、匂い、笑顔。全身が軽い緊張に晒されながら、心地よさを感じる。これが恋だろう? そして愛になるんだろう? そう、会計を済ます瞬間までが、五反田の天国。

ツイッター小説 山手線連作の進捗

品川 大崎 五反田 目黒 恵比寿 渋谷 原宿 代々木 新宿 新大久保 高田馬場 目白 池袋 大塚 巣鴨 駒込 田端 西日暮里 日暮里 鶯谷 上野 御徒町 秋葉原 神田 東京 有楽町 新橋 浜松町 田町

Twitter 小説

 ツイッター小説(#twnovel)を始めました。アカウントはhasmotoです。*1
 140文字でも意外といろんな事ができるのが面白いですね。小説を毎日書く習慣付けができたらいいなと思います。
 ツイッター小説の最初のとっかかりとして、山手線の駅名で連作してます。しばりは文中に駅名を出すこと。(かつて千村さんが取組んでらっしゃってたのを思い出して、使わせてもらいました。)行ったことがない駅が残りがちです。。。どうしようかな。
 駅や街のイメージって、使うのは簡単でいて、難しいですね。

*1:小説まとめ http://twilog.org/hasmoto/hashtags-twnovel